いつもキレイでいたい!

運動と健康

健康のために何かスポーツを始めた方、結構多いのではないでしょうか。
手近なところではジョギングでしょうか。
これも本格的にやりはじめるとすごいことになります。
ただ、急に始めて無理をしてはいけません。
肥満気味の方や年齢のいった方は、無理をすると心臓疾患のおそれがあります。
鍛えているスポーツマンでもときに心筋梗塞が起きる場合もあり、注意が必要です。
まずは、ウォーキングから始めて、徐々に体をならしていくのがよいでしょう。
また、有酸素運動が苦手な方もヨガや太極拳のような呼吸法を取り入れた運動をすると、体に負担がかからずよいようです。

スポーツ、健康ブームですが、見るだけでなく、ヘタでも実際にやってみると楽しいものです。
事前のストレッチなど準備を十分にして、人と比べず、苦しいと思ったら休みながら、気軽に始めるのがよいかもしれませんね。

携帯電話の始まりはアメリカ軍が使用していたトランシーバーだと言われています。

初めは両手でなんとか持って通話できる携帯電話が作られました。

1979年に初めて携帯電話として実用化されましたが自動車電話で自動車の中だけしか使うことができませんでした。とても重く持ち運ぶことは困難でした。

その後、肩にかけて持ち運べるようになりどんどん軽量化してきました。

1990年には液晶ディスプレイとなりアナログからデジタルに移行しテレビ電話やパソコンと接続できたり高速データ通信が可能になりました。画像を使用したゲームもできるようになり通話以外のこともできるようになりました。

2007年にはスマートホンが作られパソコン機能がそのまま入っている携帯電話となりました。LTE対応で高速で大容量の通信が可能となりました。

最近ではポケットに入れて持ち運べるポケットwifiが人気です。

 

ポケットwifiはこちら

 

いつでもどこでもネットの高速接続が当たり前の時代に突入しました。

続きを読む≫ 2013/12/05 16:01:05

オネエキャラがテレビに良く出るようになり、すっかり人気者になっています。

彼らの存在は、同性愛者にとっての社会的な地位獲得に一役買っていると言えましょう。

しかしながら、性同一性障害であること、同性愛者であることをカミングアウト出来ずに一生を終える人もいます。

人によっては、女装がしたくなった時の為にロングのフルウィッグ、ミニスカート、ハイヒールなどを購入して家族がいない時に一人で楽しんでいる人もいるようです。

ウィッグのネットショップはたくさんあります。

ショップによっては、配達の際にウィッグと分からないように対応してくれるところもあるそうです。

カミングアウトできない人にとっては、有難い心配りだと思います。

続きを読む≫ 2013/10/28 02:19:28
つけまつげ、ってどんなイメージですか?

10年近く前に「目力」ってことば流布し始めて、そりゃぁいろんなマスカラを試しました。
繊維入り…これっていいけど、こぼれた繊維が目に入って痛いことこの上なし。
耐水性マスカラ…これも捨てがたいけど、きちんとクレンジングしないと確実にパンダになっちゃう。
で、つけまつげなんですけど。
私のイメージは、宝塚の女優さんがつかってる「アレ」しかなくって、そこまではしたくない・・・、って思ってたんです。
ところが、今はつけまつげじゃなくって「エクステンション」っていうのですね。
髪のエクステと同じ感覚。
確かに施術されてる時は、ちょっぴり怖いけど、仕上がりは素敵!
だって、これでノーメイクでも目力アップですよ?
普段、日焼け止めしか塗らない私なんですけど、たったこれだけで、キレイ度アップ!
んー、手抜きメイク派さんにはちょーオススメです。
続きを読む≫ 2012/05/08 14:28:08
子供頃、祖母がよく「風邪は万病の元」と言っていた。
風邪をひいた事がきっかけで、気管支炎になったり、鼻炎を併発したり、消化器系が弱ってしまったり、まさに万病のもとである。
誰でも経験する風邪というごく身近な病気が思わぬ大病のもとになるから、風邪だからといって、甘くみてはいけないという事だ。
実際、世界中にはたくさんの風邪の予防法や風邪のときの民間療法があるという。
日本では風邪をひいたらタマゴ酒というのは有名だと思うが、他にもショウガ湯を飲んで身体を温めるなど、色々ある。
熱には、温めて汗をかいて一気に発汗させて熱を下げる、という国もあれば、全身に氷嚢を当ててとにかく冷やす、という国もある。
まあ、どちらも民間療法として行われていたものだが、共通するのは、風邪は万病の元、という理屈だと思う。
とにかく、風邪は予防が大切のようだ。
続きを読む≫ 2012/04/14 22:24:14
子供の旺盛な食欲はその食べている姿を見るだけで気持ちが良いものです。
大切な成長期ですからせめて良質なものを食べさせてあげましょう。
体づくりの元になるものですから野菜通販で有機のものを気をつけてとらせてあげましょう。有機の野菜は実がしっかりしており、普通の野菜よりも栄養素が多く含まれています。
少々高くなりますが、子供にとって大切な時期だと思って、将来への投資と割り切ってとると良いでしょう。
子供が食べると結局、家族全員が食べる事になりますから、健康への良い循環がはじまります。
続きを読む≫ 2012/03/28 23:36:28
結婚して主婦になると、色んな悩みが常に付きまといます。
主婦になってから看護師 パートで働くとしても、避けて通れないのが
嫁姑問題。むしろ働きに出た方がトラブルが少ないとも言われるほどです。
姑が嫁の言動を気に入らず、言い返せない嫁が影で愚痴るパターンなどは良く聞きますね。
もちろん逆もありますが…
姑が気に入らなければ嫁が自分から適度に離れる場合が多いので、そこまで問題になることはありません。
姑世代にあたる昭和期は、どこの家も拡大家族が殆どで、家事は嫁と姑で分担することが出来ました。
「男は外・女は家」という考えが性別問わず当たり前でしたし、働きに出る女性も少なかった。
そういう意味では、現在よりも家事能力の負担は軽かったのではないでしょうか?
同じ家事でも、今は別です。
核家族がメインになり家族内における人数は減りましたが、妻一人の家庭労働負担は変わらないのです。
なのに、さらにパートで家事に費やす時間を短くする女性までいるのです。
所詮主婦だと侮るなかれ。
現在の主婦業は、究極の管理職だと言えますよ。
続きを読む≫ 2012/03/27 14:59:27
本当におしゃれな人というのは、服だけでなくアクセや靴、靴下などにまで
配慮がゆきとどいています。
どんなにキレイな服装をしていても腕時計が安物ならばやっぱりお洒落には見えませんね。

おしゃれ上級者は、特に腕時計の重要性を知っているので、決してないがしろにする事はありません。
特にメンズファッションの場合、服の形やカラーのバリエーションが女性と比較して圧倒的に少ないので
一つ一つのアイテムの重要度が高いのです。
女性のようにごちゃごちゃアクセをつけている男性はほとんどいないのですから
「たかが腕時計」がその人のお洒落度を大きく左右することになるのです。
続きを読む≫ 2012/03/19 22:19:19

資格ではないけれど、昔から「手に職」と言われてきました。

女性であれば、和裁とか、髪結いなど。

男性であれば大工や左官など。

 

これは一定程度現代にもあてはまるようです。

ただ、機械化が進んでいるため、例えば大工さんの場合には、現場で工場からきた部材を組み立てるだけ、というような、経験が少なくてもできる仕事、いわゆる取り替えのきく仕事になってしまっている場合が少なくありません。

 

他方、昔ながらの宮大工の仕事も需要はそう多くないかもしれませんが、あるわけです。

 

このように一つの仕事でも多角化、多極化が進んでおり、長く続けていかれて、かつ報酬もよいものとなると、なかなか見つけるのが難しい傾向にあるようです。

 

しかし、仕事は人格の一部を形成するものでもあり、人生の長い時間を費やすものであるので、できれば自己実現を感じられるような職場を探したいものです。

せっかく手に職をつけるなら、取り替えのきかない仕事をする機会のある場所を選べればこれにこしたことはないでしょう。

続きを読む≫ 2012/03/12 16:40:12
屋外競技のアスリートは、日焼けなどによるお肌のダメージが大きいのが事実です。若いうちはよいのですが、それでもシミやほくろが目立ってきますし、少し年齢がいくと、同年齢の人よりも老けて見えがちです。
これは、体に負荷をかけるため、活性酸素が多く発生してしまうことも原因なのかもしれません。
日焼け対策としては、日焼け止めをしっかり首まで塗ることが重要ではないでしょうか。それも、なるべく汗に強いものをぬる必要があります。
女子だけでなく、最近では男性向けの日焼け止めも出ていますので、使ってみるとよいと思います。
特に、皮膚の薄い子どもなどは日焼け止めが有効かもしれません。
オゾンホールによって紫外線量が多くなっていますので、真っ黒な日焼けが必ずしも健康的と言えないのは悲しいことですが、ケアが求められるのが現実なのです。

活性酸素が発生すると「体にサビがでる」状態になるようです。
生活や食生活の改善でこれもケアすることができるとのことです。

一流スポーツ選手で現役を長く続けている人は、食事内容に注意しているほか、ヨガなども取り入れて、ずいぶん体に気をつけているようです。
続きを読む≫ 2012/03/01 21:32:01